ニュージーランド追記

c0168986_19205258.jpg

旅行中、ガイドさんが説明してくださる事は、なるべくメモした。
手帳に走り書きした文字は、書いた私でさえ読めない部分が有り(笑)
改めて読み返してみれば、判読不能だった内容が記憶とともに復活。

【追記】
ニュージーランドにはカカポという絶滅危惧種のオウムがいる。
移民によって持ち込まれた哺乳類によって激減。
今では確認されている個体数が百数十羽。そのすべてに名前が付けられ大切にされている。
キーサミットの登山口で、観光客に愛嬌をふりまくカカポを見かけた。餌を持っている人にばかり寄って行く現金さ(笑)かなり賢くて悪戯好きで、この国の人々から愛されている。
カカポの中でもシロッコ君は、ニュージーランドのspokesbirdとしてfacebookやtwitterで活躍している。
絶滅危惧種と言えば、タカヘもそう。やはり翼が退化した飛べない鳥で、カカポと同じ理由で絶滅危惧種になった。北島ではすでに絶滅していて、南島だけにわずかな数が生息している。テ・アナウの湖畔には巨大なタカヘの像があり、ラグビーのニュージーランド代表チーム、オールブラックスのユニフォームを着ていることもあるらしい。テ・アナウを発つ朝、公園内で飼育されているタカヘを見ることができた。人懐っこいカカポとは違い、人に見られていると、それまで食べていたとうもろこしをくわえて、さっさと隠れてしまった。


テ・アナウからミルフォードサウンドまで全長54キロのミルフォードトラックは、最も美しいハイキングコースと言われている。
一日90人に入山制限。それは人間からの汚染を自然に浄化できる人数。
今回はミルフォードサウンドグルーズへ向かうバスの窓から、その区間の景色が見えただけ。


ニュージーランドの山では、レインウエアを来た日本人のグループをジェリービーンズと呼んでいるらしい。
小柄な日本人がカラフルなウエアを着て山を歩いていると、本当にそうだろうな・・・な~んて感心している場合か(笑)そんな言われ方をしているなんて、ちょっと恥かしい。 そう意識してみれば、すれ違う外国人登山者のウエアは黒っぽい。マウントクック村の建築物も景観を損ねないよう黒っぽい色ばかりだったことを思い浮かべた。


ニュージーランドは星が綺麗に見えることでも有名。
一日目の宿泊地テカポは星空観察ツアーがあるくらい。
私達が泊まったその夜は雲が広がっていた事、翌朝の出発が早い事もあって、星空を眺めるのはあきらめた。
結局、ニュージーランド最後の夜の9時頃、オークランドのホテルの駐車場から、天の川、南十字星、ニセ十字、オリオン座のペテルギウス、シリウス、プロキオンで冬の大三角、長寿の星といわれるカノープスなどが見られた。
ホテルの駐車場は窓からの灯りや外灯で明るい上、半月が出ていたにも関わらず、星の観察ができたのは、空気が澄み切っているからかもしれない。首が痛くなるほど星空を眺めた。
by mhal1106 | 2013-03-31 17:36 | 旅行