12/9~12/12 上海経由バンコクツアー

なんと!今年2回目の海外旅行です(笑)今回は去年の2月、美ヶ原へ一緒に行った幼馴染と一緒です。
行き先はバンコクとアユタヤと短時間の上海観光ですが、バンコクは反政府派のデモ、上海はPM2.5の大気汚染がニュースになっています。又、三泊四日のうち一泊は機中泊であったり、乗り継ぎの飛行機の待ち時間が10時間と長かったり、ちょっとハードなスケジュールのようですが、モニターツアーとして費用が安くなっており、、今まで何回か利用した旅行会社であり、顔なじみになった添乗員さんはお若いけれど、落ち着いた優秀な方なので、参加することにしました。

12月9日、松山空港へ7時20分集合。9時20分発の上海行きの便に乗る予定です。
ワクワクしながら集合場所へ到着して、添乗員さんとご挨拶。いよいよ楽しいツアーの始まり~♪と、思いきや・・・。
上海からの飛行機がPM2.5の影響で大幅に遅れ、こちらからの出発は11時半になる予定です・・・と、説明がありました。いきなりガッカリです。でも、待つ辛抱強さは、多少身についています。友人とおしゃべりしたりお茶を飲んだりしながら時間をつぶし、何とか11時台には飛び立つことができました。上海までの飛行時間は1時間半程度。国内を移動する時間の感覚で到着です。
大気汚染は2、3日前の深刻さに比べれば、少しは収まったようですが、まだ中レベルの汚染であり、かなり高度が下がっても、下界の様子は雲に隠れてなかなか見えません。着陸直前になって、やっと空港周辺の様子が薄っすらと見えて来ました。着陸したのはターミナルからかなり離れた所で、外の視界はかなり悪く、小雨混じりのちょっと臭いのある冷たい風の中、小走りでターミナルまで運んでくれるバスに乗り込みました。
c0168986_11324468.jpg


当初は、上海空港で2時間ほど待ってバンコク行きの飛行機に乗る予定でしたが、出発便の遅れが響いて、次は22時頃の飛行機になります。今度は10時間近く待たなければなりません。上海市内まで時間つぶしに出られる方もいましたが、私達は空気が悪いので外へ出るのはやめて、広いターミナルを歩いたりショップをのぞいたり、みんなで夕食をとったりしているうちに、何とか時間をつぶすことができました。
搭乗手続きを終えた待合室では、アジアの各地へ飛ぶ飛行機を待つ、様々な客で賑わっています。私が座った席の近くには、クアラルンプール行きの若いご夫婦と1歳を過ぎたばかりの可愛い子供さんがいて、その子供さんになつかれ、私の手をつかんで離しません(笑)おひざに抱いたり日本の童謡を歌ってあげたり、楽しい待ち時間でした。

上海を飛び立ったのは22時過ぎ。機内の近くの席には、日本語の堪能な爽やかな中国の青年がいて、分かりにくい事などでまごまごしていると、サラリと教えてくれました。現在は良い関係とは言えない報道がされている両国ですが、私達民間レベルでは、悪い印象ばかりではありません。出発から3時間ほどでバンコクに到着。青年は爽やかな笑顔で、「じゃ」とお別れを言い、私も笑顔で手を振りました。
バンコクの空港は深夜ながら、入国審査のどの窓口も長蛇の列でした。やっと手続きを終えて、現地のガイドさん手配のバスに乗り込み、市内のホテルに向かいました。この日は大々的なデモが予想されていましたが、高速道路から見る限り、そんな様子は感じられません。宿泊予定のホテルに着いたのは、午前2時半頃だったでしょうか。シャワーを浴びてベッドに入る頃には、4時を過ぎていました。友人は早々と爆睡しているようでした。
by mhal1106 | 2013-12-16 11:32 | 旅行