人気ブログランキング |

カテゴリ:サトのお話( 5 )

サトのお話 5

c0168986_17454735.jpeg
今日、富士山が見えるお宿で、サトは8歳になりました。目の周りが白っぽくなっています。
我が家の家族になって4年。おとなしい子でも、なんだかんだとあったけど、今は必要な事を理解して、本当に良い子です。一番の課題になっていた、どこでもトイレ問題は、去年の記念日直後に、立て続けにやってくれましたが、それ以降は全く失敗がなくなりました。もう本当に大丈夫のようです。



c0168986_15065364.jpeg
サトが家族になるきっかけになったWebページです。顔が若々しいです。
我が家に来た後、すぐに削除されたので、プリントをしておいて良かったです。

c0168986_21335391.jpg
2012年4月22日、我が家に来て一夜明けたサトです。ソワソワと落ち着きのない一日でした。

一度も体調をくずしたことがない元気な子だけど、ハルと同じく、拾い食いで体を壊さないよう、気をつけなければなりません。


by mhal1106 | 2016-04-21 07:00 | サトのお話

サトのお話 4

サトが我が家に来て3年経ちました。この3年間、病気も無くずっと元気です。推定年齢は7歳です。
3年前のこの日、徳島県からサトを連れて来てくださった施設の方は、微笑みながらサトを見つめ、頭を撫でて、帰って行かれた様子が心に残っています。でもサトにとっては、知らない家に置き去りにされて、どんなに不安だったことか。その日から家族になってもらうために、私達は我慢と根気の日々でした。そして3年が経ち、サトは今、家族の一員として必要な言葉を理解し、2人と1匹は流れるような1日を過ごしています。「どこでもトイレ」問題も、ほぼ克服出来ました(たぶん)
サトは車に乗ってお出かけするのが大好きです。車でお出かけの準備をしていると、サトのテンションが上がって行きますが、車に乗ってしまえば、後部座席で静かに伏せています。今年もまた、サトを連れて旅行をするのが楽しみです。

c0168986_194374.jpg

あり合わせの材料で小さなケーキを作りました。お砂糖の代わりに潰したバナナを混ぜて焼いたケーキに、生クリームの代わりにプレーンヨーグルト、バナナ、リンゴ、清見タンゴールをちょっぴりトッピングしただけですが、ハルに劣らず食いしん坊で、ガツガツと食べてくれました。
サトはドライフードをほとんど噛まないで、飲み込むように食べてしまいます。あの食い意地のはったハルでさえ(ハル、ゴメン・笑)噛んで食べてたのですが。でもハルみたいに盗み食いはしません、今のところ。
by mhal1106 | 2015-04-21 19:58 | サトのお話

サトのお話 3

c0168986_9473727.jpg

2014年4月21日、サトが家族になって2年が経ちました。
4月16日~18日までドライブ旅行をして、帰って来たばかりです。
サトは車の中でも寛いで、観光地では生き生きとお散歩して、私達と一緒に楽しんでいるようでした。

変わらず元気に過ごした二年間でしたが、問題のトイレ習慣は、もう大丈夫かも・・・と思った頃、突然、お玄関に水溜りができていたり、カーペットをトイレ代わりにすることは全く無くなったと安心していたところ、今冬、一度だけやってしまいました。
サトのそんな心理は分かりません。でも1年前までの頃を思えば、ずいぶんと進歩していて、旅行では一度も失敗が無かったし、そんな問題はいずれ無くなるだろうと楽観しています。

ハルは愛嬌があって表情が豊か、きかん気が強く、悪戯をしては大騒ぎを起こしていました。サトは人見知りをして男性や子供が苦手です。そして、とても甘えん坊で、飼い主の顔色が気になるのか、ダメな事を軽く叱っただけで、すぐに止めます。サトも毎日可愛い表情を見せてくれるのですが、特に変わった事をしない子なので、ブログネタが少ないです(笑)
ハルの思い出はまだ色濃く、ハルはこうだったけど、サトはこうねぇ・・・などと個性を比べていますが、我が家にとってはどちらも大切な家族です。ドライブが大好きになったサトと、これからもどんどんお出かけします。



by mhal1106 | 2014-05-02 10:53 | サトのお話

サトのお話2 

c0168986_15365860.jpg

サトが我が家の家族になって一年が経ちました。4月21日はサトの記念日です。その日を誕生日と決めて5歳になりました。我が家で迎えた初めての誕生日だったのに、私が一日中外出していたので、お祝いは翌日にしました。と言っても、ハルの時と同じで、いつものフードに、ちょっとだけ贅沢なお魚を乗せただけですが。
今思えば、サトは初めからすぐに懐いてくれたように見えてましたが、いきなり知らない家で知らない人と生活をするようになり、戸惑っていたのだと思います。今年の春頃からでしょうか、暖かくなって家族でお出かけして、お散歩したりお弁当を食べたり、そして皆で一緒に我が家へ帰り・・・そんな事が数回あった頃から、我が家の生活にやっと本当に慣れて、落ち着いてきたように見えます。今では必要な言葉をよく理解できるようになり、毎日規則正しい生活をしています。

この一年近く、いつも私の行く所へついて来て、私がいる部屋で過ごし、私が座れば寄ってきて、前足を膝にかけたり顔を寄せてきたり、かまって欲しそうにしていました。でもお留守番は、最初こそ泣いていたようですが、すぐにお利口にできるようになったので助かりました。
お散歩中、電車が近くを通り過ぎると、その音にビクッとして逃げるように反対方向へ引っ張ったり、駐車している軽トラックの傍を歩くのも極端に嫌がりました。子供達が複数で歩いて来ると、方向を変えたがります。こちらでは滅多に地震がありませんが、震度2の揺れでも家中をバタバタと走り回りました。元々臆病な子なのかもしれませんが、私達が知る由も無い経験をして来たのかもしれません。
無駄吠えもなく、ダメな事はダメと教えれば、すぐに覚えてしなくなりましたが、一番困ったのは、トイレ習慣でした。お散歩やお庭で済ませていても、家の中でもオシッコをしました。ワンコの室内用おトイレでもできるのですが、カーペットやマットの上の方がお気に入りでした。先手を打って、そろそろと思う頃、お庭に出してオシッコをさせて、1ヶ月くらい無事な日が続くと、もう大丈夫かな?と思った頃、またやられました。でもここ数ヶ月、それも無くなりました。今度こそ、もう大丈夫かな?
c0168986_16104346.jpg

サトは車の外出も、ほぼ問題なくできるようになりました。
今年は家族で旅行ができるかもしれません。その前に、また日帰りで遠出をしたいと思っています。ハルと行った思い出の場所へ。

一年前の写真と比べると、瞼や目の下の毛が白っぽくなってきたようです。もしかして6歳頃なのかもしれませんが、サト、1歳くらいサバを読んでもいいよね?公表している年齢の若さでいてね。
by mhal1106 | 2013-04-22 16:19 | サトのお話

サトのお話 1

c0168986_15582933.jpg

2012年4月21日土曜日夕刻、サトは我が家にやってきました。
その日は雨天の上、夜は荒れ模様の予報。道路は家路を急ぐ車で混んでいたようです。到着が予定より遅れ、今か今かと待つうち、やっと保護施設の車が、玄関前に止まりました。ご挨拶もそこそこに、ラゲッジルームが開き、バリケンの中に、ソワソワと動く影が見えました。尻尾を振りながらイソイソと玄関に入り、上がり口で一瞬ためらった後、一気に上がりました。その瞬間から、サトは我が家の子になりました。
この日をサトの誕生日と決めて、2008年4月21日生まれ、現在4歳とします。

13年間一緒に過ごしたハルを、2011年12月4日に見送った悲しさを思い出す度、また犬を飼う自信はありませんでした。でも気になることがありました。東北の地震や津波で命は助かったものの、飼い主さん達から離れて保護されたペット達です。我が家は、ついこの間までハルがいたので、犬を飼う環境はできています。助かった命を一匹でも繋いであげたい。私達夫婦が最期まで責任を持って犬を飼うには、ギリギリの年齢です。ハルの思い出がまだすぐそこにあって、なかなか決心をすることができないでいましたが、里親募集のサイトで、ずっと気になっていた、ビーグルのMIXらしき4歳くらいの女の子「モモちゃん」を迎えようと心が決まり、保護施設にメールを出しました。そして、とんとん拍子に里親に決まりました。

施設の方のお話では、「モモちゃん」は、2011年4月、被災地の福島県で保護されました。その経過をすべてお聞きしていませんが、大阪を経て徳島の施設「HEART」さんに預けられたようです。元の飼い主さんは一人暮らしの高齢の女性で、猫や犬を多頭飼いされてたようです。被災したことで飼えなくなり、保護されたそうです。

サトはとても人懐っこい子で、すぐに懐いてくれました。一日目の夜は徹夜を覚悟していましたが、一度目を覚ましてじゃれかかって来た以外は、静かに寝ていました。無駄吠えも無く、やってはいけない事をダメと言えば理解できる、扱いやすい子でした。
トイレ習慣がきちんとできていない事や、分離不安のような様子は見られましたが、10日ほど経った頃には、おトイレは、お散歩や庭で、室内ではペットシートの上で、きちんとできるようになりました。そして日が経つうち、私と離れて過ごすことも、少しずつできるようになってきました。
私がいなくても大丈夫でいて欲しいので、我が家へ来て3週間を過ぎた頃、テストを兼ねて、主人とサトにお留守番を頼んで、久しぶりにハイキングに参加することにしました、家を出る時、玄関までついて来たサトに、「お留守番しててね」と言えば、お座りをしてお見送りしてくれました。そして夕方、私が帰宅するまで、普通に過ごしたそうです。
初めはどうなることか・・・と、心配になっていた事でも、時間とともに解決できる事もあります。ハルとは違った個性のサト、ゆっくりと我が家に馴染んでいってもらいます。
by mhal1106 | 2012-05-16 13:53 | サトのお話