人気ブログランキング |

北海道(6/19~6/24)

c0168986_16425156.jpg

6月19日、梅雨でジメジメした松山から、お昼前の新千歳空港直行便で北海道へ。
北海道は晴れて5月のように爽やか。思ったほど寒くもなく、薄手の長袖Tシャツの袖をたくし上げても暑いくらい。
まずはレンタカー。今時のレンタカーはETC、ナビ付きは当たり前。ライトブルーのトヨタパッソに女性三人が大きな荷物を抱えて乗り込み、私の運転で出発。先に車で出発して舞鶴~小樽間のフェリーで到着した組と合流する予定の旭川市へ。
初めての土地を運転しながら、サービスエリアで美味しいアイスクリームも食べて、旅行気分は盛り上がる。高速道路料金の休日上限1000円や無料化実験の最終日であり、料金は1000円以下。無事、旭川市に到着後、先発組と予定どおり合流。

20日、ホテルで朝食後、2台の車で層雲峡へ。
黒岳~旭岳を一泊の荷物を背負って縦走する予定なので、ロープウェイとリフトで楽をして黒岳7合目の登山口から出発。が、その第一歩から急勾配に深い残雪。雪は柔らかいシャーベット状。一歩一歩蹴りこみながら足場を固め、慎重に登って行く。長い行程を考えると、早々に不安がよぎる。5人のうち3人は経験豊富なベテラン。私ともう一人はその人達と比べれば初心者。足を引っ張らないように頑張れるだろうか・・・。
9合目辺りで雨脚が強くなってきた。全員、レインウェアを着用・・・となるはずが、一人だけいつまでたってもザックの中を探し続けている。「どうしよう・・・レインウェアを忘れたみたい」防寒着を兼ねた必要不可欠なウェアなので、このまま登り続ける事はできない。即、この山行は取りやめ。「すみませ~ん!! どうしよう・・・せっかく北海道まで来たのに・・・」申し訳無さそうに謝る彼女に、私は引き返すことになってホッとしたことを告白すると、全員がドッと笑った。皆さん、この気象状況では予定どおりの山行は無理だと感じていたとか(笑)
重いザックを9合目に置いて、身軽になって黒岳頂上へ。その頂上は、今まで経験したことが無いほどの強風。顔に当たる雨が砂のように感じるほど痛い。旭岳方面を見れば、どんより暗くて荒れ模様。引き返すことを早めに決断できて良かった。
下山は体力的には楽だけど、滑落しやすいので慎重に。見下ろす風景は残雪の中に冬枯れの木、それより下の新緑の対比が美しい。滑落しないよう注意しながらザックからカメラを出して撮っていると、再び強風と雨。お天気が変わりやすい。待っていてくれた4人に謝りながら、カメラを仕舞いこんだ。
リフト乗り場まで下りれば、もう安心。リフトはまた利用したけれど、歩き足りないと言う人もいて、ロープウェイに乗るのをやめて、2.9キロの登山道を歩くことに。その道には四国では見られないツバメオモトの花がたくさん見られた。
リフトの下にはチングルマ、エゾコザクラ、キンポウゲ科らしき黄色い花、黒岳頂上にはキバナシャクナゲが見られた
c0168986_2230568.jpg

2.9キロの道もあまり楽ではなかったけれど、とにかく無事完了。この日は層雲峡の旅館に泊まり、露天風呂にゆっくりつかった。
by mhal1106 | 2011-06-29 17:12 | 旅行

c0168986_9283765.jpg

59番国分寺にて参拝を済ませ
この日の歩き遍路スタート

早朝止むと思った雨は
しばらく霧雨
田園の中の遍路道

別格11番生木地蔵参拝

西条市の妙雲寺まで20.7キロ


いよいよ遠征トレッキングが近づいた
直前までの予定、旅の準備
気もそぞろ

by mhal1106 | 2011-06-18 09:37 | お遍路

蛍 山菜、川魚

c0168986_20214688.jpg

蛍の季節
6月13日
山菜料理屋さんにて
山仲間が集う

山菜、川魚、猪鍋、雉鍋
賑やかな会話

前の川には
蛍の乱舞

by mhal1106 | 2011-06-14 20:31 | お出かけ

6月5日 遍路実習

c0168986_8361944.jpg

学生さん達の遍路実習に
今年も参加

雨の降る中
田植えを終えたばかりの
田園の道
遍路笠と雨合羽の若い集団に混じって
宇和島駅から
41番龍光寺、42番仏木寺、43番明石寺まで
23キロのウォーキング
c0168986_8373689.jpg


月一回の歩き遍路では
一年前に歩いたコース

by mhal1106 | 2011-06-09 08:55 | お遍路