人気ブログランキング |

c0168986_14583996.jpg

御塔谷とは
石鎚山の成就社側にある渓谷
と、初めて知って
もみじ祭りのイベント登山に参加

美しい渓谷だけど
今年の紅葉は少し遅れているらしい
c0168986_1523844.jpg



台風の影響らしき
荒れた登山道や水量が多い谷を渡る
スリリングなハイキング
c0168986_15538.jpg


石鎚山には
まだ行ったことがない名所が
いっぱいある

by mhal1106 | 2013-10-28 15:12 |

10月22日 入野海岸

c0168986_15222770.jpg

4年前、お遍路で歩いて知った
素敵な海岸

数日後、ハルを車に乗せて
家族でドライブした
思い出深い砂浜

当時は大方海岸と言っていたけど
最近、ネットの地図で調べれば入野海岸になっていた
c0168986_15293852.jpg




今度はサトを乗せてドライブ


ナビの無茶な案内に乗せられて
400番台の国道を
大変な思いをしながら、しばらく走らされ
1時間近く時間のロス


到着すれば
二人と一匹は以前と同じく
ぼんやりと立ったまま
時間が過ぎて行った(笑)
c0168986_15295366.jpg




by mhal1106 | 2013-10-24 15:33 | お出かけ

旅の最終日、夜明け前にカメラを持って外に出ました。急激な冷え込みで、真冬の服装です。
c0168986_19235124.jpg

河童橋は凍結した所もあって滑りそうですが、すでにカメラを持った人々が集まっています。
私は河童橋から離れて、前日、涸沢から下山して、お宿へ向かう途中、梓川沿いで穂高連峰を眺めた所へ行きました。
朝日が差し始めた穂高連峰は薄っすらと冠雪しています。
c0168986_19275461.jpg



c0168986_19281379.jpg

前日のモルゲンロート、この朝の初冠雪、感動の連続でした。


朝食後、出発までの2時間ほど、上高地散策です。
梓川のごく一部分でしたが、コバルトブルーでした。
c0168986_19334215.jpg




日曜日、家族で観光かな?
c0168986_19341470.jpg




散策を終えて、これからバスに乗って帰ります。
c0168986_19344532.jpg

by mhal1106 | 2013-10-18 19:42 |

モルゲンロート

10月12日 
雨上がりの早朝、風はまだ強く、雲がせわしく流れて行き、青空が広がって行きます。
強風でナナカマドが激しく揺れています。
c0168986_16334776.jpg



午前6時前、体感温度は5℃くらいでしょうか。持って行った防寒着で十分寒さを凌げます。
カメラを持って見つめ続ける穂高連峰に、少しずつ光の帯が長くなって行きました。
写真には納まりきれない雄大で神々しいモルゲンロートです。
c0168986_1641418.jpg



ツアーのスケジュールは忙しく、ゆっくりと雄大な自然に浸っている時間はありません(笑)
険しい登山道ながら眺めが素晴らしいパノラマコースを1時間半ほど散策です。
見下ろせば、下山を始めた人々が列になっています。
c0168986_16541184.jpg



雲に隠れていた槍ヶ岳が、流れる雲が切れた瞬間、トンガリ帽子のような姿を、少しだけ見せてくれました。
c0168986_16573429.jpg



涸沢ヒュッテまで引き返し、午前7時半、下山開始です。
カメラをザックにしまい、慎重に下ります。
この日は土曜日とあって、登る人々が列になり、狭い登山道ですれ違うだけでも時間がかかる感じでした。
明神池に寄り道して、上高地のお宿に着いたのは午後2時半を過ぎていたでしょうか。
梓川の河童橋近くから、穂高の方を見れば、頂上は雲に覆われています。
山は今夜も大荒れのお天気になり、明朝はもっと冷え込むだろうとのことです。
c0168986_1733966.jpg


もう歩くのは嫌・・・というくらい疲れていたはずなのですが、お宿に着いて荷物を下ろし、登山靴をスニーカーに履きかえれば、元気復活。山姥6人、帝国ホテルにてケーキセットでティータイム。優雅な時間でした。
by mhal1106 | 2013-10-16 17:19 |

上高地から涸沢カールの山小屋泊のトレッキングツアーに参加してきました。

10月10日早朝、貸切バスで出発。上高地近くの平湯温泉に午後4時頃到着。
温泉にゆったりと浸かり、飛騨牛や馬刺しなどが並んだご馳走で、翌日からの登山のための英気を養う(笑)
10月11日、早朝。昨夜からの雨は小降りになり、お宿を出発して上高地へ。8時半頃、涸沢目指して出発。
雨雲が少し残っていて、レインウエアは着たけれど、お昼前には日差しが出てきて青空が広がりました。
平坦な道を休憩を入れながら歩くこと約4時間。横尾山荘前でお昼のお弁当を食べる頃には、暑いくらいの日差しになりました。
ここからは山道らしくなってゆき、紅葉が色鮮やかに。
c0168986_2045388.jpg




c0168986_2032396.jpg


登る時間は正味1時間半くらいだったでしょうか。それほど厳しい坂ではなかったけれど、出発の10日前に風邪を引いてしまい、治すことに専念して家で過ごしていたので、体力不足だったかもしれません。ザックと2kgほどのカメラの重さが堪えてきました。
c0168986_2045381.jpg



c0168986_20471649.jpg

疲労を感じてきた心身が、色鮮やかな紅葉に癒されながら、穂高連峰の下に広がる涸沢に到着したのは午後4時。山小屋はすでに宿泊客でごったがえしていました。
紅葉の鮮やかな色が曇り空に吸い取られるように、沈んだ色へと暮れてゆきました。
c0168986_20491711.jpg

その夜は小屋をたたきつけるような激しい風雨。明朝は冷え込むかもしれないけれど、お天気は良さそうです。
消灯時間まで賑やかにおしゃべりして、初対面だった方達ともすっかり打ち解けて就寝。
by mhal1106 | 2013-10-15 21:09 |